こんなことに注意!よくある婚約指輪を送るときの失敗

いざ指にはめようとしたら

婚約指輪に関する失敗で多いのが、指にはめようとしたらサイズが合わないというものです。プロポーズをする時には、婚約指輪も一緒に渡したいと考える男性は少なくありません。その指輪が、指にぴったりとはまるものであれば、感動的なプロポーズになります。ですが、指にはまらない、大き過ぎるという場合は、残念なプロポーズになってしまいます。
残念なプロポーズにしたくないのであれば、事前に指輪のサイズを確認しておく事が大切です。さり気なく指輪のサイズを確認しておけば、プロポーズ当日に、ぴったりと指にはまる婚約指輪を贈る事ができます。
プロポーズをする日までに、サイズを知る事が難しい場合は、無料でサイズ直しができる婚約指輪を選んでおく事がおすすめです。

女性は想像以上に指輪にこだわる

婚約指輪を贈る時の失敗で多いのが、女性の好みとは違う指輪を贈ってしまうというものです。女性は婚約指輪に憧れを抱いている事が多く、贈られた指輪が好みとは違う場合、がっかりとしてしまう事があります。
この好みというのは、人によって大きく変わります。ダイヤモンドのカラット数にこだわりたい人もいれば、値段の高さを重視する人もいます。更に、ブランドを重視する人もいれば、日常的に身に着けやすいデザインが良いという人もいます。
その為、本当に好みの指輪を選ぶというのは簡単な事ではありません。女性の好みに合わせた婚約指輪を贈りたいのであれば、プロポーズの時点で渡そうとするのではなく、プロポーズが成立した後に、一緒に買いに行く事がおすすめです。

結婚指輪を選ぶ際のポイントとしては、つけっぱなしにすることも多いため、変色や変形しにくく飽きない素材のものが望ましいです。また、様々なデザインがありますが、自分の指に合うものを選ぶことが理想的です。

© Copyright Rings Venues. All Rights Reserved.